top of page
  • 執筆者の写真東京サウンドボックス

〜レッスン部屋としての防音室〜

ご覧いただきどうもありがとうございます。(株)東京サウンドボックスの佐藤です。


弊社のお客様で、特に3〜4月になると、新たに音楽教室を開講される音楽教師の方からのご依頼、ご相談を多くいただきます。

音楽のレッスンにおいて、集中できる環境はとても重要ですよね。そこで注目したいのが、レッスン部屋としての防音室です。防音室を導入して得られるメリットをいくつかご紹介させていただきます。


1. 外界の騒音をシャットアウトできる。

外部の騒音を遮断し、内部の音が外に漏れない防音室。この特殊な環境は、騒がしい環境においても先生と生徒が集中できる静けさを提供します。


2. 集中力が格段にアップ

周囲が静かになると、自然と集中力が向上します。先生も生徒も、学習に必要な集中状態を維持しやすくなり、より効果的なレッスンが可能になります。


3. 純粋な音質で学習

防音室は、細部にわたる音の違いを明確に捉えることができる設計になっていることが多いです。音楽レッスンでは、このクリアな音質がパフォーマンスの質を高めるのに役立ちます。


4. プライバシーが守られる

プライバシーは、自信を持って練習するうえで欠かせない要素。防音室なら、レッスンの内容が外部に漏れることなく、生徒は他人の目を気にすることなく、思う存分にレッスンに打ち込むことができます。


5. いつでもレッスンOK

住宅地やアパートでも、防音室があれば時間を気にすることなくレッスンが行えます。夜遅くや早朝でも、学習のスケジュールを自由に設定できるのは、大きなメリットです。


防音室でのレッスンは、ただ静かなだけではありません。集中力の向上、音質の改善、プライバシーの保護、そして時間の制約からの解放をもたらします。



このような環境が、生徒にとっては演奏技術の向上、先生にとってはレッスンクオリティの向上、生徒数アップに繋がります。


当社ではコスパの良い様々な中古防音室を取り扱っており、メルカリ等での個人売買サポートも行っておりますので、是非お気軽にご相談くださいね。

関連記事

すべて表示

オリジナル防音室を作る難しさ

どうもこんにちは。 (株)東京サウンドボックスの佐藤です。 1月は毎年比較的閑散期で、ご依頼の数は落ち着いています。 現場が無い日はオリジナル防音室の開発に力を入れているのですが、これがなかなか難しく、思った様に進みません。 オリジナル防音室の制作に必要な材料や加工、組み立て作業等、どこまで外注し、どこまで自社でやるかによって、必要な工程や設備に大きな差が出てきます。 外注する業務が多ければ多いほ

Комментарии


bottom of page