top of page
  • 執筆者の写真東京サウンドボックス

防音室設置時に水平を取る重要性

ご覧いただきありがとうございます! 関東を中心に全国で防音室の移設、買取、販売を専門に行なっている、(株)東京サウンドボックスの佐藤と申します。


本日は防音室設置時に必須な作業、”水平作業”についてお話ししていこうと思います。


防音室移設業務をしていると、水平作業がされないまま防音室が設置してあるケースをたまに見かけます。ご事情を伺うと、一般の方がDIYで設置した、もしくは防音室が専門ではない業者が設置した、という2パターンに分かれます。 住宅の床は基本的に水平に作られていますが、正確な水平が出ている床は少ないです。経年により床がたわんだり、精度が低い水平器を使っていた時代の建物は精度が低いです。新築で精度が出ていないケースも多々あります。 生活には全く支障のないレベルの傾き、歪みでも、防音室の設置には大きな支障が出ます。例えば3畳の防音室の設置面積(約1.8m×2.7m)ですと、高いところと低いところで5~20mmほど差がある場合が多いです。

この床にレベル調整をせずそのまま防音室を置いた場合、床が歪んだり、パネルが反ったり、壁を固定する金具の歪み、パネルとパネルの間の隙間などが生まれます。 このような防音室を移設した場合、歪みや反りの影響が出てしまい、設置時にうまく組み上がらない場合があります。当然防音室としての価値は下がります。


きちんとした防音性能を確保する為、末長く防音室をお使いいただく為、レベル調整という作業は必須です。 もちろん水平がしっかり出ていればこの作業は必要ありませんが、レーザー水平器で水平を確認しない業者には注意が必要です。

(株)東京サウンドボックスは引越し、移転に伴う防音室の移設・買取・販売を専門に取り扱っております。関東中心に全国どこへでもお伺いします。

お問い合わせは公式HP、公式LINEからお気軽にお待ちしております!

(株)東京サウンドボックス 代表:佐藤文哉 公式HP : https://www.tokyosoundbox.com/ 公式LINE : https://lin.ee/l4Rhcue


関連記事

すべて表示

オリジナル防音室を作る難しさ

どうもこんにちは。 (株)東京サウンドボックスの佐藤です。 1月は毎年比較的閑散期で、ご依頼の数は落ち着いています。 現場が無い日はオリジナル防音室の開発に力を入れているのですが、これがなかなか難しく、思った様に進みません。 オリジナル防音室の制作に必要な材料や加工、組み立て作業等、どこまで外注し、どこまで自社でやるかによって、必要な工程や設備に大きな差が出てきます。 外注する業務が多ければ多いほ

Comments


bottom of page