top of page

〜防音室完全データベース〜

​*カワイナサール編*

(株)東京サウンドボックスではメーカー、年式問わずほぼ全ての防音室を取り扱っております。

こちらのページでは当社で業務上用いている防音室の寸法、重量、当時の販売価格、中古品の相場等のデータを大公開させていただきます。
これから防音室を買われる方、ご自身の防音室を個人売買される方に、参考にしていただけますと幸いです。

​*データに若干の誤差がある場合や、特注で微妙にサイズが変更されている場合があります。基本は実物を計測いただき、こちらのデータは参考までにしていただくのが確実です。(表記 幅×奥行き×高さ)

MHCXシリーズ(2015~現行品)

2畳・・外寸:1818×1818×2103㎜
              
内寸:1702×1702×1945㎜
              重量:500kg前後
2.4畳・・外寸:1818×2258×2103㎜                            内寸:1702×2142×1945㎜     
          重量:600kg前後
3畳 ・・・外寸:1818×2698×2103㎜ 
               内寸:1702×2582×1945㎜
             重量:750kg前後
3.1畳 ・・外寸:2258×2258×2103㎜                            内寸:2142×2142×1945㎜     
                重量:790kg前後
3.4畳・・外寸:1818×3138×2103㎜                              内寸:1702×3022×1945㎜                            重量:850kg前後
3.7畳・・外寸:2258×2698×2103㎜                              内寸:2142×2582×1945㎜                            重量:950kg前後
4.3畳・・外寸:2258×3138×2103㎜                              内寸:2142×3022×1945㎜                            重量:1000kg前後
4.9畳・・外寸:2258×3578×2103㎜                              内寸:2142×3462×1945㎜                            重量:1100kg前後
6畳・・外寸:2698×3688×2103㎜                              内寸:2582×3572×1945㎜                            重量:1300kg前後

8畳・・外寸:3578×3688×2103㎜                              内寸:3462×3572×1945㎜                            重量:1600kg前後
10畳・・外寸:3578×4568×2103㎜                              内寸:3462×4452×1941㎜                            重量:1900kg前後

*寸法に関して、それぞれ壁側面に換気扇+170㎜が付きます。天井が高いタイプは外寸高さ+200㎜前後になります。

当時の販売価格は0.8畳で77~107万円、1.2畳で85~122万円前後、1.5畳で98~136万円前後、2畳で127~176万円前後、2.5畳で147~193万円前後、3畳で161~209万円前後、3.5畳で183~235万円前後、3.7畳で198~240万円前後、4.3畳で218~268万円前後です。

・製造年、時代背景

2015〜2023年2月現在まで製造されている現行モデルです。
出入り口にガラスサッシが採用されているのが大きな特徴です。サッシとドア、両方ついている仕様もあります。
防音室がベランダへの導線を塞いでしまうことが多いのですが、サッシをベランダ側に配置すればベランダへのアクセスも確保できます。
ガラスサッシは比較的取り外しが容易なため、ピアノや机等、大きい荷物の出し入れは容易ですね。
価格設定は高めですが、お探しの方が多い防音室です。

・防音性能

-30(M"V"CX),-35(M"H"CX),-40db(M"K"CX)の3ラインナップです。

・耐久性

基本的な耐久性はLHSXシリーズ等と同じです。大きなガラスサッシはペアガラスになっていますが、衝撃には比較的弱いため、物や楽器をぶつけない様、注意が必要です。

・デザイン、仕様

大きなガラスサッシから得られる光や景色、導線の確保は他の防音室には無い仕様です。比較的圧迫感があり、閉所恐怖症の方には避けられる防音室ですが、こちらのモデルは解放感があります。空気の入れ替えも効率よく行えますね。

・総合評価

ガラスサッシは取り扱いが難しい為、移設費用が高くついてしまうのがネックですが、設置環境によっては素晴らしいレイアウト、導線確保が可能です。
ペアガラスの2重サッシで-35dbしっかり確保していますし、床の防振対策はLHSXと同じ仕様で完璧です。
比較的高額で大きいモデルの為流通量は少ないですが、お探しの方はとても多い防音室です。
中古市場で見かけたらチャンスです!

bottom of page