• 東京サウンドボックス

防音室移設、設置の際は防音強化オプションをご検討下さい。

更新日:2020年12月13日

どうもこんにちは。東京サウンドボックスの佐藤です。 メーカー品の防音室、本当によく出来てますよね。過去様々な防音室を扱ってきましたが、有名メーカー(ヤマハ、カワイ、サウンドジャパン等)の防音室はそれぞれ個性があり、細部まで考え抜かれていて、製品として素晴らしいと思います。 防音室にはメーカーが設定する防音性能が、-db(マイナス〇〇デシベル)という形で明記されています。1番多いのが-35dbから-40dbです。 こちらの数字が大きいほど防音性能が高いという事になりますが、例え-40db、-45dbの防音性能があったとしても、完璧な遮音ができるわけではありません。 大きな音はどうしても抜けてきますし、振動も伝わります。少しでも完璧な防音を目指して、クレーム等騒音トラブルは絶対に避けたい!という方は、追加の防音施工オプションをお勧めします。 東京サウンドボックスでは、お客様の音に関するご不安を解消する為、防音室の移設時、もしくは中古品の設置時にできる、防音強化のオプションをご用意しております。 既存の防音室に吸音材や制振材を効果的に施工することによって、部屋の響きを抑えたり、下の階への振動を抑えることができます。 防音室の移設、設置時にしかできないオプションもございますので、併せて是非ご検討下さい! 詳細は下記HPから。 https://www.tokyosoundbox.com/bouontsuikaoption



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示