〜エアコン取り付けについて〜

​・防音室にエアコンを付ける場合

防音室は密閉空間ですので、換気扇である程度換気はされるものの、春〜秋の季節は熱がこもってしまいがちです。長時間の楽器練習や作業において、エアコンは是非付けたいところですよね。

 

東京サウンドボックスでは防音室設置の際、エアコン取り付けも承ります。

​お部屋の状況によって費用や設置条件が変わりますので、防音室を設置するお部屋のお写真(既存のエアコン穴、エアコン電源、室外機設置スペース周り)をお送りください。

​〜エアコン関連料金一覧〜

・エアコン取付け 25,000円 

・エアコン取り外し 6,000円

・エアコン用開口1箇所 5,000円(コンクリート壁は穴開け不可)

・配管延長 6,000円〜 (2F→1F降ろしや、その他配管が長くなる場合)

・窓パネル8,000〜14,000円(穴開けをせず、窓から配管する場合)

・高所作業 8,000円〜

・電源延長、室内コンセント取り付け工事 5,000円〜

​・不要なエアコンの引き取り処分 5,000円

​〜よくある取り付けパターン〜

・設置部屋にエアコン穴、エアコン用電源があり、ベランダや外に室外機も設置できる。

問題無くエアコン設置が可能です。ただし設置状況によってはお部屋の壁と防音室の間に30〜50cmほど離す必要があり、ポリタンクによる手動排水になる可能性があります。また、電源延長が必要な場合があります。

・設置部屋にエアコンが付いている

既存のエアコンを取り外し、既存の穴、電源を使って防音室内にエアコン設置が可能です。

別でエアコン穴を開口するか、窓パネルを利用する、換気口などがあればそちらの穴を使って配管し、エアコン設置をすることも可能です。

・エアコン用の配管や電源が無い

賃貸であれば大家さんに許可をとって、エアコン穴を新たに開口し、配管することもできます。

​開口ができない場合は窓パネルを使って配管することも可能です。

・スポットクーラーを使う

室外機と室内機が一体型のスポットクーラーという物があります。

​熱を持った排気を外に逃がせるダクト付きであれば、本体を室内に置き、熱気を外に逃がせます。動作音がうるさい、防音室の中は涼しくなるが、設置したお部屋は暑くなるのが難点です。