top of page
  • 執筆者の写真東京サウンドボックス

お子さんのゲーム騒音にお悩みではありませんか?



こんにちは! 東京サウンドボックスの佐藤です。


最近、お子さんがゲームをしている時の騒音や、ゲーム配信の際の「防音問題」に悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?そんなお悩みを解決しつつ、お子さんにとっての"自分だけのゲーミング部屋"を作ってみませんか?ということで、今回は『ゲーミング環境・配信に適した防音室』についてご紹介します。防音室は大きく分けて3種類あります。










① 簡易防音室

OTODASU・だんぼっちなど、比較的サイズが小さくて防音性もそこまで高くなく、正直、音がかなり漏れます。しかし、ユーザーご自身で組み立てができるため業者に組み立てを依頼する必要がないことはメリットです。簡単に設置できますので、試しに使ってみたい方には良いかもしれません。


② ユニット型防音室

「YAMAHA」や「KAWAI」など、組立式で最も流通量が多いタイプの防音室です。ゲーミング部屋としても一番人気があります。お喋りや叫び声もかなり軽減されますので、お子さんがゲームを楽しむ際に、家族の静かな時間を守るためにも最適です。


③ お部屋丸ごと防音工事

ユニットタイプと比べ、広い防音空間を確保できるのが魅力ですが、費用が高額になることが多いです。長期間にわたってそしっかりとした防音環境を整えたい方におすすめの方法です。




ゲーミング部屋におすすめのサイズ


個人的なおすすめとして、以下のサイズがあります。

⚫︎1.2畳: イスなども小さく、モニターも1枚でコンパクトに収めたい場合に最適です。


⚫︎1.5畳: ゲーミングチェアを置き、モニターも2~3枚使用する場合、一番ゲーム配信などがやりやすいスタイルです。


⚫︎2.0畳: 棚を置いたり、中でギターなどを弾いたり、余裕を持ったお部屋をご希望の場合に最適です。



その他、別途用途があれば大きいサイズにするのも良いと思います。お子さんのために、そして家族全員が快適に過ごせるように、防音室の導入を検討してみてはいかがでしょうか。東京サウンドボックスでは、自社オリジナル防音室開発・販売、中古防音室販売、お客様の大切な防音室を、新しい環境へ安全に移設するためのサービスを心を込めて提供しています。迅速な見積もり、コストパフォーマンスの高さ、幅広い対応力、安心・安全・スピーディな作業、そして豊富なカスタマイズオプションをご用意しています。防音室の移設をお考えの際は、是非東京サウンドボックスへご相談ください。お問い合わせは公式HP、公式LINEからお気軽にお待ちしております!


(株)東京サウンドボックス 代表:佐藤文哉 

Comments


bottom of page