top of page
  • 執筆者の写真東京サウンドボックス

防音室設置の不安〜床が抜けないか?編〜



防音室に関するお問い合わせをいただく時、よくこんなご質問を受けます。


”床が抜けないか心配なんですけど、、、”

お気持ちは分かります。1.2畳で2~300キロ、2~3畳で5~700キロ、特に重たい防音室ですと1.5トンっていうものもあります。

通常そんなに重いもの、お部屋に置かないですから、床が抜けないか心配になりますよね。


結論から言うと、家庭用に売られている防音室を設置する場合、床が抜けるという事はありません。

例えば3畳700キロの防音室を6畳のお部屋に設置するとしましょう。男性の大人10人(1人70キロ)が6畳の部屋に入って座卓を囲んだ時、床は抜けるでしょうか?建物がグラついたりするでしょうか。

あり得ませんよね。20人入ったとしても大丈夫だと思います。すべての建物は基本的に荷重計算がきっちりされていて、頑丈に建っています。


また、ヤマハのアビテックスやカワイのナサールといった定番の家庭用防音室は、どんな家でも置けるような重さで作ってあります。(まれに2重のモデルや防音強化されたモデル、サウンドジャパン等業務用モデルのような例外はあります)


グランドピアノや本棚、水槽等で床が抜けた、という話を効いたことがありますが、これらは狭い範囲に重さが集中したケースですね。グランドピアノ は3本足で建っていて、1点に150kgほどの重さがかかります。本棚や水槽も、狭い範囲に重さが集中するのが特徴です。床の補強、重さを分散する工事が必要でしょう。


ですが防音室は3畳なら3畳分のスペースに均等に重さがかかります。重さが分散されますから安全なんです。



ですが、例外もあります。

例えば一軒家の片側の地盤が沈んでいて、尚且つ湿気やシロアリで東側の基礎、柱が食われ強度が落ちた状態のところに700キロの防音室を置いたところ、家が傾いた、なんてことは起こり得ます。

私が”防音室を置いても床が抜けない”=家に影響がないと言ったのは、あくまで建築基準法に沿って建てられ、しっかりメンテナンスがされた建物の場合です。


他にも浸水で家の基礎が弱くなっていたり、地震(特に地割れのようなケース)で家自体が歪んでしまっている、傾いてしまっている場合は、数百キロの荷重でも影響が出る可能性があります。


地盤調査やシロアリ、湿気対策は家のメンテナンスとして必須ですので、大前提としてお話ししておきたいと思います。


関連記事

すべて表示

オリジナル防音室を作る難しさ

どうもこんにちは。 (株)東京サウンドボックスの佐藤です。 1月は毎年比較的閑散期で、ご依頼の数は落ち着いています。 現場が無い日はオリジナル防音室の開発に力を入れているのですが、これがなかなか難しく、思った様に進みません。 オリジナル防音室の制作に必要な材料や加工、組み立て作業等、どこまで外注し、どこまで自社でやるかによって、必要な工程や設備に大きな差が出てきます。 外注する業務が多ければ多いほ

Comments


bottom of page